BLOG

2018/02/14
 
地域密着 パンフレット ロゴマーク オリジナルキャラクター 新聞 折込 学校案内 デザイン

明石江井ヶ島より

1995年の阪神淡路大震災で被害のあった
JR摂津本山駅の案内看板を初めてデジタル制作したことが
大きな転機となりました。
 
勢いに乗り 大阪でデザイン会社を設立しましたが
1999年につぶしてしまいました。
 
時は世紀末
上海でデザインを教えるという機会に恵まれたものの
自分の甘い性格が災いし、中国人には対応できないという現実。
わずか一ヶ月で契約解除となり帰国することになりました。
 
それからは職や居住を転々としました。
福岡で新聞販売店員、長野でホテルマンを経験後
兵庫に戻り 三田市内の運送会社で五年間
トラックの運転手をやっておりました。
 
2005年の暮れに、周囲の人々のお力添えで
このデザインの現場に復帰することが出来ました。
 
浦島太郎的に業界に戻ることが出来た私は
各分野・業種の様々なウェブサイトを制作しました。
 
感性あふれる若いクリエイターたちとの
運命的な出会いによる共同創作経験と
より洗練され使いやすくなったソフトのおかげで
制作物のクオリティを格段に向上させました。
 
それらの結果、ますます高くなる年齢とは関係なく
大きな自信へとつながってきたように思います。
 
2012年5月7日に明石江井ヶ島の地におきまして
「江井島広告制作」とういう
地名と業務内容で表したベタすぎる屋号で
新たにデザイン事務所をはじめました。
 
事務所ホームページのアドレスは eigashima.com
 
「地域密着」で愛されるデザインオフィスを目指し
当初は ホームページと
流行りはじめていたフェイスブックなどのSNSで宣伝したら
なんとか仕事が来るかなと予想していましたが
しばらくは うまくいかない状況が続きました。
 
そして 6年の時が経った今はというと
「地域密着」には まだまだ全然ですが
それでも 継続的にホームページを中心に活動を続けてきた結果か
サイト閲覧をきっかけにしてのお問い合わせが
地域の方々からも多数寄せられるようになりました。
 
ホームページ制作についてのお問い合わせはもちろんですが
パンフレットや本などの印刷物についての作成ご依頼は
それが「思いをカタチにできる」最高のツールだと確信しているだけに
とても嬉しいものであります。
 
2013年の暮れに兵庫県立がんセンター様から
ロゴマークとキャラクターの制作依頼をいただいたのは驚きでした。
職員さんたちからの原案を元にカタチにしていくという作業は
皆さんと一緒に出来て とても楽しかったです。
 
ちょうど4年前の新聞に載りました。



2014年2月13日付 神戸新聞朝刊より

 
また、2017年には
兵庫県立大学大学院看護学研究科様のキャンパスガイドを
制作させていただきましたので、ここにご紹介します。

 
「地域密着」 もっとがんばります。

友だち追加
江井島広告制作運営【ふれんどらいん】公式アプリ
AppStore/Google Play 双方のストアで公開中
《最新情報やお得なアプリ限定クーポン・キャンペーン情報などが確認できます》
▼ 今すぐダウンロード ▼